心と体

2009年8月17日 (月)

前世療法 脱!赤い靴

36261120_216840592s_2 中野ゼロホールのリハーサルに手3回目のリハーサルが無事に終了しました。駆けつけてくれた友人の戸坂大ちゃんがたくさん写真を撮ってくれました。36261120_1880280127s 36261120_3816278680s_2 なかなかよい方向に向かっているものの、主催者としては細かいことがきになり、たくさん駄目だしをしてしまいました。皆さん頑張ってくれているのにすみません!

次の日、ひさしぶりにHealing Space Present★Timeへ心の洗濯へ、

http://present-time2.com

不思議なことをいっぱい耳にしました。私は前世で宮廷の踊り子であり、王様の愛人であったそうです。でも身ごもってしまったおかげで、母子ともども殺されてしまった風景が見えるのだというのです。その子供がまだ成仏していないから、私の中に悲しみがあるのだそうです。そのために死ぬまで踊り続けるうらみの赤い靴を私は履いてしまっている。そのために踊ることは生き延びれなかった前世の恨みなんだそうです、、。そこで、セラピストの石坂さんの力で子供を成仏させ、私の赤い靴は脱がされて自由になったそうなんです。

毎回舞台は私にとッて討ち死にする覚悟で望んできました。けれでも、今回はたくさんのゲストがいて、私と一緒に討ち死にさせるわけにはいかないんですよね。過去の呪縛からとれたところで、楽しく皆さんと舞台を作るれる用に切り替えていきたいところです。

奇しくも今回も宮廷で王様の愛人役を演じる私。舞台の上だとしてもまるで前世で果たせなかった王様と添い遂げることができたときに私の人生も変わるのかもしれません。

呪縛から自由になって何をしましょう?また踊るのかな?もしかして踊りは卒業なのかしら。最後の舞台になるかもしれないから、華やかに飾りましょう。

あっ秋にいろいろ仕事ははいっていたし、可愛いヒヨコちゃんがわたしにはいました。裸足で踊ることにします。(もともtインド舞踊は裸足でした)

2009年5月 4日 (月)

深い無の世界へ 見る 見る 見る

 松本で稲福薫先生の治療会に参加しました。ちょうど長野で公演があるついでで軽い気持ちでしたが、またまた凄い体験でした。今まで体験された方々に「人生観がかわるかもね。」と脅かされていましたが、どう聞いても治療法がよくわからないのです。一点を見つめて無の状態になってね、とかなんとか、、??

 沖縄から来た稲福先生はふくよかで肌艶がよく楽しい方でした。治療前には紙を渡されます。

1.集中して真剣に治療を受けましょう。

2.治療は治療者のむの状態をあなたの心に共鳴してもらうことです。それは、無の意味や理屈を考えるのではなく、体感としておぼえることです。

3.一旦、意識を無にしても、治療後にまたもとの木阿弥になってしまうのが常です。しかしながら、一瞬でも「無」の状態を経験することが大切です。たとえば魚が、生まれてこの方、にごった水の中でだけ生きてきたとします。これまでの一生は濁った水しか経験していないので、それが当たり前になってしまっているわけです。そんな魚も、一回で透明なきれいな水を経験してしまうと、それからの一生は、透明できれいな水を追い求めるようになるはずです。それが今回の目的です。

4.自分で心を無の状態にして生活するよう毎日の行為が大切です。それには瞑想が有用です。本物の瞑想をすることが究極の心や体の健康の源になります。

詳細は 「心の苦しみの完全解消法」http://www5.ocn.ne.jp/~siisa/

という内容の紙を読んでから治療に入りました。先生は私を見るなり、頭の右上に針を刺して、「ここが諸悪の根源だ」といいました。先生の左目を見つめてから眼をつぶり先生に手を繋がれて無の状態への世界へと誘導されます。その後、30分別の部屋に寝かされてからまた治療が始まります。私には人と話すときに眼をそらして右上を見ながら考えをまとめてから話す癖があり、それはすごくよくないと注意されました。目の前にいる人とコミュニケーションをたち、自分の思考の世界に入り込んでしまうからだそうです。言われるまできがつかなかったけど、まさに私はそれをやっていました!

普段から、思考の世界に入り込みぐるぐるとその中で路頭に迷い結果がでぬまま気分だけが落ち込んでいく、という恐ろしい世界に入り込んでいたことに気づかされました。

そこから抜け出すには瞑想も大事ですし、普段から”見る”こと。見ているようで、自分の世界に入り込んでいるから本当の姿が見えなくなります。先入観や自分の価値観で見るのではなく、ただ目の前にいる人、花、空、美しいものも、汚いものも、ただただ見ることが大事だそうです。すべてが同じである、それの良し悪しを判断しているのは思考なのだと。

眼が覚めました。ずっと濁った思考にとらわれていた自分の濁った目が、何事にもとらわれない澄んだ眼になりますように。心が無の状態になることで思考から開放されますように。

2009年2月20日 (金)

ヒーリングのパワーに驚き

今週国立にヒーリングスペースがオープンしました。お店の名前はプレゼント★タイム。実はこのごろ原因不明の腰痛と不眠に悩まされておりまして、知り合いのO氏に相談したところ、ちょうどお店がオープンするからと予約を取っていただいたのです。腰痛なのになざヒーリング??と疑問に思いつつも、O氏には絶対的な信頼を持っているので、O氏が言うのだから間違いないでしょう、、。と思いプレゼント★タイムに参上いたしました!

そして、本当に腰痛も、くるぶしの腫れも引いて、そして不眠症も解決しました!ヒーリングって凄いw(゚o゚)w

私が受けたのはシータヒーリング。施術してくださる方がシータ波になり潜在意識に働きかけ思考パターンの変更やDNAの活性化を図るというもの、、。

そのカウンセリングの中でわかったこと。

私は来週からのインドでの公演に向けてのリハーサルがうまくいくのかををとても不安に思っていて、それが身体に表れているらしいのです。順調に進むのだろうか?また衝突しないのだろうかと、、。

私は舞台を通じて観客に愛情を表現したいのに、どうして舞台裏では衝突を繰り返してしまうのだろう、というのは私の悩みでした。

その答えが見つかったように思えます。

人と協調していく中で何かを作り上げていくのが私の人生の目的であることは明白であるが、私の先祖から受け付いてきたなかに”戦う”というDNAがあり、どうしても協調できないことが怒ってしまいます。でもそれは人と協調できる素晴らしさを崇高にするためのレッスンでもあったということでもあるのです。

そこで私は私自身のDNAに向って宣言します。「私は人生の目的を達成するために戦うことを止めます。学びの時間は終わりました。地球と仲良くします。大地に根ざします。テント繋がります。私はいつも神の愛に満ちています。自分の存在価値を否定することなく自信を持って生きていきます」

神様でも宇宙のエネルギーでも霊的な力でもいいそうなんですが、私は神様の愛という言葉は解かりやすいです。

すっかり腰痛も治り、不眠症も改善されました。踝の腫れは至急や卵巣の冷えから来ていたようです。自分自身の中に存在する女性特有の恨みやつらみ、または人からの妬みなども付いていたらしく、それを祓ってもらうことで冷えがひいたようです。くるぶしの晴れが取れました。

せっかくのヒーリングが無駄にならないように日々の精神状態をクリアにしていきたいです。そして、インドでも戦わないで協調していい舞台を目指したいです。

ヒーリング★スペース  http;//present-time2.com

2009年2月13日 (金)

大分から神様が来たのかしら!

先日足もみ健康法の講習会に誘われて、友人二人と出かけました。誘ってくださったのは未熟者の私を何かとサポートをしてくださるO氏。O氏が足も身健康法を普及するきっかけになったのはけれこれ10数年前。かれの息子さんが地下で水道管の工事のバイトをしていたときに地盤沈下により下半身不随で一生寝たきりになると宣告され、あらゆる療法を試したそうです。東大や慶応の医学部の教授や超能力者や気功の大家にも会ったり、ありとあらゆる民間療法を訪ねまわり遂に、官有謀先生のあしもみ健康法に出会いました。それは、棒を使い足の裏を揉むのですが、絶叫するほど痛いのです。嫌がる息子さんを家族で羽交い絞めして毎日足の裏を揉んだ結果、かれは歩けるようになったのです。そして今では彼は結婚して仕事をしています。それからO氏は足も身健康法を広めています。私の教室にも何度か来ていただいたことがありました。痛いですが、さすがに万病に効く健康法だと思います。ただ意思がなければ継続するのが難しく、私も久しぶりに 講習会に来て、あーやらなきゃと反省。失明していた人が見えるようになったとか病気から奇跡的な回復をしたなどのリポートが続きました。

 でもその講習会では予想もしていなかった凄いことが起こりました!大分から来た河合浩美さんというお医者さんの話が本当にすごかったのです。背が高く、手足が長く大振りで毒舌で話をする河合さんは、男なのか、女なのか、人なのか、宇宙人なのかだんだんわからなくなってきました。この人は本当は神様で私たち人間に忠告しに舞い降りてきたのではないかと思うほど衝撃的だったのです。私のつたない文章では河合さんの迫力は伝わらないと思いますが、、。

 人生は楽しいことが基本で、過去も未来もなく今を生きなくてはいけない。偶然なんてものはなく物事すべてに結果がある。病気になるのは、すべてその人の根性の悪さから来ている。根性の悪さとは、世間体を気にしたり、人間関係のストレスなどを抱えたり、こだわりやプライド、あえて嫌なことをしたり、などをさすそうです。なぜなら基本は楽しい人生を過ごすことは人間の義務だから、それが出来ない人は根性が悪くて、病気になっても仕方がない。そして、私たちの身体でさへ自分の所有物ではなく借り物である。病気は身体からのメッセージで、しんどい人生をやめてほしいとの悲鳴なのだから、それを聞けない人は病気が治るはずはない。根性を叩きなおせ!被害者ぶるな!借り物である身体に感謝して生きろ!と激励されてしまいました。「楽しく生きれば病気は治る」だそうです。

神様が警告に来たのかもしれません、、。衝撃的でした。

 

2009年1月 6日 (火)

ホットな仕事始め

もう通常通りに仕事をしております。月曜日はいつも3つの仕事場を回ります。ジャイロキネシスを吉祥寺のフィットネスで教え、練馬のほうのサークルにヨガを教えに行き、夜はインド舞踊を武蔵境で教えるというのが今までの日課。今年はそれにもうひとつクラスが増えました。なんとずっと避けていたんですが、ホットヨガのクラスも受け持つようになりました。尊敬する伊藤武先生もホットヨガは否定されているし、私も反対派だったんですが断りきれずに、、。3月までというお約束でスタートしました!

まさにホットな年明けになるはずでしたが、、。「ヨガとは体の毒素を出すことだから換気は大事ですよ!」といって何度も換気しながらやったので、あまり熱くなく、気持ちよい汗をかく程度に終わりましたので、ただただ汗をかきたい!やせたい!人は不満足で次回からは来なくなるかもしれません。まあ、気に入った方だけどうぞ、って感じで仕事始めでーす。明日はジャイロトニックのスタジオの仕事に行きます。今年はもっとトレーナーとして成長したいです。がんばるぞー

2008年11月 4日 (火)

ファイナル ゲット

Image027_3 11月3日 ついにジャイロトニックファイナルコース終了!正式なジャイロトニック認定トレーナーとなったのです!なんて長い道のりだったのかしら。ジャイロのクライアントとして50セッション受けた後、プレトレーニングコース、そしてファンデーションコース。その後アプレンティスとしてホワイトクラウド東京で働かせていただき60回以上のセッションを終えて、マスタートレーナの最終チェックのスーパーバイズトアワーズ6日を終えて、初めてフィアナルコースへと参加できるのです。 ながーい道のりでした。

Image026_3 参加者は台湾、マレーシア、香港などのまさに華流スターのような方たち。職業は医学療法士や栄養士、大学で踊りを教えている人など。美しく賢くステキな人たちでした。

Image0251_4 タイの人たちは陽気で明るくて、最高級のリゾートでお客様にエステやマッサージ、そしてジャイロもニーズに合わせて提供するのだそうです。

Image0291_2 マスターは香港に住むアメリカ人のドナ。明るくてユニークで懐の深いビックマザー!なんと多くのことを教えてくださったことか。日本人の方たちは、以前から知っている方もいて、皆これから励ましあい情報交換できる仲間と慣れたと思います。

やったー!本当にうれしいです。まだ夢のよう、、でも夢なら覚めないで、ここまでの道のりが長すぎました。でも、そして、これははじめ利でもあります。やっとプロとしてこの道を究めていけることができたわけですから。がんばらなきゃ。

2008年10月31日 (金)

すべてはホルモンのせい!?

先日私の働いているフィットネスで講習会がありました。「女性の身体と運動」~ホルモン導体と自律神経機能~というテーマである。なんだか目から鱗でありました。そうすべてはホルモンのせいだったのです。

女性は女性特有の月経現象を持っていて 女性のホルモンは月経周期に影響されます。女性の性ホルモンとはエストロゲン、プロゲストロンで成り立っていて、エストロゲンの働きは

血液の調整【血液凝固防止】 (例) 脳梗塞などの防止

精神の安定【自律神経の安定】 (例) 更年期障害 躁鬱などの予防や軽減

代謝の活性【肌や髪の艶】  (例)アンチエイジング!

骨塩量の調整【骨密度の維持】 (例)骨粗しょう症を予防 

すごい!こんな働きをしているということは、ホルモンが少なくなるとたいへんなのです。

もし、エストロゲンが減ると

不定愁訴 自律神経失調症、精神神経症状、心血管系疾患、骨粗しょう症などの欠乏症状が現れるそうです。イヤー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

加齢に伴い性ホルモンの分泌量が低下する高齢者においては身体機能の低下や生活習慣病の予防には不可欠だそうです。

誰もが加齢に伴いホルモンは減少していくところ、ではどうしたら補っていくのかといいますと

①自律神経を意識する。 副交感神経と交感神経のバランスを見る

②ホルモン周期を意識する 月経期、卵胞期、黄体期によって行動を変える

③適度な運動 運動することでホルモン分泌はあがる!

④栄養を取る 特に大豆イソブラホンの摂取はいい!

そう今まで感情のコントロールができなくなり、落ち込んだり、泣いたり、怒ったりしたのはホルモンのせいだったんです!それをわかるつ生活は変わるかも。ちなみに黄体期でエストロゲンが少ないから怒りやすく、昨晩もつまらないことで旦那に八つ当たり。ダーリンごめんね。でもホルモンが少ないからだったのです。というようにホルモンで言い訳ができるとこが増えました。エストロゲンも増やさなきゃ!

2008年9月11日 (木)

満員御礼ともらい過ぎ!

明日は銀座サロンでの公演です。おかげさまで満員御礼

エスラジの向後さんとは10年ぶりのジョイント。「象とワニの戦い、ヴィシュヌ神の救済」をコラボレーションします。やはり生音は楽しい。タブラを伴奏してくれるのは超イケメンの塊君。子供とまではいかなくても甥ぐらいな年齢の方とジョイントするってなんだか凄い歴史を感じるわ(単に年取っただけですが、、)

準備万端といいたいところですが、なんと目には三粒種ができてしまい腫れている私がいます。昨日眼科に駆け込んだところ、切開され絆創膏をして薬局に処方された薬を取りにいきましたら、なぜか奥にいた人まで出てきて心配してくれました。なかなか素敵な男性まで近くにいて、一緒に絆創膏を選んでくれたり至れりつくせり。なんて親切な薬局なんだ!といい気分で帰りましたが、よく考えてみると、たぶん皆私のこと「旦那のDVで殴られたかわいそうな奥さん」に見えたのではないかしら! 眼帯ではなく目の上の絆創膏がどうみてもそうにしか見えないもの。DV男にされてしまった主人は「ボクサーだ!こわーい。」と私をからかっているけれど、今度薬局に一緒にいって「殴ったのはこの人です!」って言ってやると脅かしました。愛情もらいすぎなのかな、、。金曜日にコンタクト入れられるかしら、、。

2008年9月 2日 (火)

長野からのお土産

長野にお弟子さん二人と公演に行ってきました。長野駅すぐのインド料理屋さん。オーナーの方ははフランス人形みたいな美しい顔立ちだけれども、中身はさばさばしていて男らしいお方。JALのホテルで夫々の部屋まで取っていただき、公演後はインド料理食べ放題ワインの見放題という見事な太っ腹!観客の皆さんとの公演後の飲み会は大いに盛り上がりました。長野の方は明るいんだな~。その明るい方たちに「丸橋さんは吉本でも働けると思います」といわれる私って?突っ込みかな?ボケかな?皆さんありがとう。とても楽しかったです。

帰りは松本周り。松本駅周辺を観光してから、浅間温泉へ行き、温泉に入りおそばを食べてから浅間温泉文化センターの講演会に行きました。

元産婦人科医師の伊藤慶二さんのお話を聞くためです。目から鱗のような、貴重なお話を聞くことができました。

人の健康にはには健やかな心と体、精神、そして生命力。生命力とはエネルギーのある食べ物をとる必要があるそうです。それはサプリメントや薬などではなく、そして、一日に30品目をとるとかいう栄養学に基づくのではあってはならないそうです。

日本人の病気になるは確実に昔より増えているそうです。

その原因に挙げられるのは砂糖や肉、牛乳や乳製品などの摂取量の増加。30品目をとらなければいけないという誤った情報のもとにあれもこれも食べ飲み続けるという飽食にあるそうです。

病気も事故も災難も自分でつくっているそうです。思いのあり方と食べ物のとり方で病気はほとんど治るそうです。でも、病気になる前にならないようにする。安全な食べ物の確保、祈る気持ち、くよくよしないなど、やるべきことはいっぱいありますね。私は病気よりも災難に合うことが多いので、やはり精神力を高める必要があるのでしょう。

がんばらなきゃ。長野ではたくさんの思い出とお土産をいただきました。ありがとう。

2008年6月19日 (木)

幸せになる方法

「重ね煮」の講習会に2回目の参加。故・創始者である小川先生の言葉が心にしみました。「重ね煮とはお鍋の中に広がる宇宙である。人間が幸せになる一つの方法」という言葉を残したそうです。

重ね煮、酵素玄米、冷えとり、断食と近年健康オタク?の私。でもどれもこれも幸せになるための方法を増やしていることになるのだと自負しております。以前の私は舞台が成功しないと幸せでない、とか名を成せなければ幸せでないと思ってきました。

だからこそ、何にも挑戦しないで怠け者にめる人には叱咤激励したものです。でも幸せは仕事の成功だけではなく、日常をどう生きるか、ということも凄くだいじなんだなあ、と改めて実感。掃除をする、整理整頓をする、家族や友人とよき時間を作る、などとやらなければいけないことはたくさんあります。ひとつひとつ丁寧にやらなければと思います。舞台も準備しつつですが、、。

でもこのごろ増えた趣味?算命学です。まだまだ勉強始めですが、興味のある型は生年月日教えてくださいね。結構あたるかも。

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック